AWS認定試験のソリューションアーキテクト・アソシエイトに向けた問題集と試験のコツや攻略法を超詳細解説付きで公開します

AWS試験対策

  • HOME »
  • AWS試験対策

■勉強方法

「ソリューションアーキテクト アソシエイト」の試験は、AWSの基本的な仕組みやサービスについての知識を問う試験のため、
AWS認定試験の中でも一番最初に取得しやすい試験になります。

①入門書でAWSの概要を理解

「シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド」

→オンプレのシステムとAWS上に構築したシステムの共存方法、および、AWSへの移行方法が非常に分かりやすく説明されており、AWS入門レベルの方はこの本から導入するのがよいです。

②試験対策参考書で勉強

「合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト」

非常に効果の高い対策参考書で、試験対策というだけでなく、AWSの基礎知識が短時間で身に付きます。
この参考書の内容を理解することで、試験問題の40%は回答できるようになります。SAAを取得する為のバイブル的な本です。

③出題キーワードの把握

認定試験に出る範囲は限られており、おのずと出題されるキーワードも決まっています。
後述する「出題キーワード」をまず把握します。

④AWSのマニュアルを参照

AWSサイトのマニュアルを参照し、出題キーワードに関するの詳細内容を把握する。
認定試験では、かなり細かい部分まで出題されます。
※実際にAWSに触りながら学習するのがBetterですが、SAAクラスであれば、座学でも十分合格可能です

⑤サンプル問題を解く

ホワイトペーパーの内容がすべて頭にはいれば確実に合格なのですが、それは現実的に難しいので、
問題を数多くこなし、分からなかったところをホワイトペーパーで復讐し、記憶に定着させるという作業が重要です。
AWS公式の模擬テストを実施するのもお勧めですが、問題数の割りに値段が高く、正解数のみが分かり、どの問題が正解したか
ということが分かるわけではないので、最終的な腕試しに使うのがよいでしょう。
※当サイトでは、今後、回答/解説付きのサンプル問題の提供も検討しておりますので、機会があれば利用してみてください

マニュアルを読んで理解を深める

問題を解いて理解度を確認

問題で分からなかったところをマニュアルを読んで復讐

[改訂版試験(SAA-C02)対応]ソリューションアーキテクト・アソシエイト問題集はこちら

■出題キーワード

「ソリューションアーキテクト アソシエイト」の試験の出題傾向から分析される重要キーワードを以下に記載します。
これらのキーワードについて重点的に学習することで、自ずと合格が見えてきます。

試験に出るカテゴリとしては、以下のカテゴリから出題さます。
各カテゴリのキーワードの理解を深めれば、自ずと合格が見えてきます。

【IAM】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
ルートアカウント  ルートアカウントは頻繁に使わないこと
IAMユーザー/IAMグループ/IAMポリシー それぞれで設定できる内容について
アクセスキー/
シークレットキー
アプリケーション内に指定しないこと(基本的にはIAMポリシーで制御すること)

【VPC】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
サブネット  プライベートサブネット/パブリックサブネットの違い
ルートテーブル  ルートテーブルにインターネットGWを設定する方法
ルートテーブル  ルートテーブルにインターネットGWを設定する方法
NATインスタンス  NATインスタンスとは/送信元・送信先チェック
ElasticIP/PublicIP  インターネット接続する際にインスタンスに付与する必要あり
インターネットGW  インターネット接続する際にインスタンスに付与する必要あり
セキュリティグループ  ステートフル/デフォルトでは、インバウンド拒否、アウトバウンド許可
ネットワークACL  ステートレス/デフォルトでは、インバウンド許可、アウトバウンド許可
VPCピア接続  3つインスタンスがある場合のピアリング方法

【EC2】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
ユーザーデータ/メタデータ それぞれで定義できる内容について △ 
リザーブドインスタンス/スポットインスタンス それぞれのインスタンスタイプの特徴。特にスポットインスタンスについてはよく出題される
Dedicatedインスタンス Dedicatedインスタンスの特徴について
ELB 複数のAZに跨るロードバランシング/ヘルスチェック   
AutoScaling AutoScalingグループ/AutoScalingグループ/スケールアウト・スケールイン順序

【ECS】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
Cluster/Task
/TaskDefinition
/Service
それぞれの用語の意味と使い方について

【Lambda】

ワード  出題ポイント  出題頻度
課金方式 実行された時間だけが課金対象になるという点について
トリガー Lambdaが実行されるトリガーの種類内容について
Lambdaの特徴 自動でスケールアウト/課金体系/サーバレス

【EBS】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
インスタンスストア インスタンスストアとEBSバックドストアの違いについて 〇 
スナップショット EBSスナップショットの取得が非同期であること
暗号化 EBSの暗号化方法/暗号化されているEBSのスナップショットは暗号化されること
プレイスメントグループ EC2サーバー間の通信速度を速める為の方式。冗長性は犠牲になる。

【EFS】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
複数インスタンスから接続可能 EBSとは異なり複数インスタンスから接続可能 〇 
容量無制限 EBSとは異なり容量無制限

【Amazon FSx for Windows】
※改訂版試験(SAA-C02)から新たに試験対象

キーワード 出題ポイント 出題頻度
フルマネージドストレージ バックアップ/容量管理の自動化
AD登録 該当インスタンスにはAD登録が必要
暗号化 通信中データ/Disc暗号化

【S3】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
ACL/バケットポリシー/IAMポリシー それぞれの設定で制御できる内容について 
Glacier 低頻度でしかアクセスせず、取り出しに時間が掛かってもよいアーカイブオブジェクトなどを低料金で格納可能
取り出しオプション  Glacierからデータを取り出す際のオプションである、高速/標準/バルクの特徴について
Webサイトホスティング 静的コンテンツを公開する場合に行う
ライフサイクル管理  一定期間が経過した場合に、自動で削除および別のストレージクラスに退避などが可能 
バージョニング 誤操作で削除/上書きしたオブジェクトを復活することができる。只、管理オブジェクトが増えるので課金対象オブジェクトは増える 
暗号化(CSE/SSE/SSE-C) クライアントサイドでの暗号化かサーバーサイドでの暗号化か。その暗号キーはどこで管理されるか。 
署名付きURL 特定のエンドユーザーに期間限定でオブジェクトを公開することが可能

【CloudWatch】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
標準メトリクス
/カスタムメトリクス
標準メトリクスとカスタムメトリクスで参照できる内容について。メモリ使用量はカスタムメトリクスで参照できるというのは、頻出問題。
CloudWatchアラーム/SNS CloudWatchアラームで設定した閾値を超えた場合の通知方法について
CloudWatchLogs  CloudWatchLogsで監視できる内容/監視可能な対象について
CloudWatchEvents  CloudEventsを使うユースケースについて

【StorageGateway】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
ファイルゲートウェイ 非同期だがほぼリアルタイムにS3格納が可能
ボリュームゲートウェイ ナップショット形式でのS3への格納
テープゲートウェイ  仮想テープライブリについて

【DataSync】
※改訂版試験(SAA-C02)から新たに試験対象

キーワード 出題ポイント 出題頻度
移行先リソース EFSなどに転送可能(これまでの転送サービスはS3が基本だった)
課金対象 転送したデータ量に対して課金

【RDS】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
マルチAZ/フェイルオーバー マルチAZ構成の特徴、フェイルオーバー時の動作について
リードレプリカ マスタDBの負荷分散/非同期でのレプリケーション(マスタへの更新内容が直後に必ず参照できるわけではない)
自動バックアップ S3に自動でスナップショット作成/自動バックアップの保存期間
課金方式 RDSを停止させてもストレージやスナップショットに対する課金は発生する 

【AuroraServerless】
※改訂版試験(SAA-C02)から新たに試験対象

キーワード 出題ポイント 出題頻度
自動で起動停止・スケールアウト/イン アクセスに応じて自動で起動停止・スケールアウト/イン

【Redshift】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
カラムナ志向データベース 通常のDBとは異なり、行ではなくカラム志向でのデータ保持方式
ユースケース DWHなどの大量データの集計処理に向いている。登録/更新は遅いのが特徴。

【DymanoDB】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
高可用性 自動的に3つのAZにデータが格納される
スループット変更 ダウンタイムなしにスループット設定の変更が可能
特徴 NoSQL/スキーマレス/艇レイテンシー

【CloudFront】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
オリジンサーバー/ディストリビューション オリジンサーバーとディストリビューションの意味/関係性
エッジロケーション 世界各地に点在する、直近のエッジサーバーにアクセスすることで、レイテンシーを最低限に抑えることが可能
キャッシュ キャッシュされるタイミング/有効期限

【SWF/StepFunctions 】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
SWFとStepFunctionsの差異 SWFとStepFunctionsでできることの差異。StepFunctionsの方が可視性に優れている。
ユースケース 双方とも順序性が要求されるタスクの自動実行を行う際に利用

【その他】

 キーワード  出題ポイント  出題頻度
Route53 ALIASレコードについて(なぜかALIASレコードについては頻出テーマです) 
侵入テスト 必ず申請が必要/実施可能リソース
IDフェデレーション ウェブIDフェデレーション/SAMLフェデレーション
SQS 標準キュー:順序性の保証なし FIFOキュー:順序性の保証あり 
ElastiCache システムのセッション情報などを保持して、WEBサーバー/DBサーバーの負荷を減らす
CloudTrail 証跡情報の保管
CloudFormation テンプレート/スタック

ログイン

PAGETOP